20歳と38度線

とある大学生の日常とエッセイ。ソウル大学交換留学、彼氏は韓国陸軍軍人。K-popと政治問題だけでは語れない朝鮮半島を書いています。

高速ターミナルが安すぎて好きだ

寮生活を抜け出したくて(詳細はまた次回書きます)、2月の末にワンルームに引っ越しました。荷物を最小限にしたくてあらゆるものを捨てたため、引っ越し先の洋服ダンスがすっからかん……。なんだか寂しいので、新学期も始まることだし服を買いに”高速ターミナル”に行ってきました。

 

f:id:hyun_nako:20190312232953j:plain

高速ターミナル駅

「服を買いに高速ターミナル??」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。実は高速ターミナルは知る人ぞ知るソウル人の激安ショッピング天国なのです!!!

 

というのは昔の話になりました。今回ショッピングをしていると、たくさん日本語が聞こえてきて、時代の流れを感じずにはいられませんでした。K-popブームを経て、今では「可愛い韓国服が安く買える」と若い女の子の間で人気の観光地となっているようです。

 

ソウル大学入り口駅からは乗り換え1回を含む6つ先の駅。30分以内で行けるので、

服を買うとなれば高速ターミナル一択です。

f:id:hyun_nako:20190312233300j:plain

ずらっと並ぶ服屋さん

地下鉄の駅から直結している地下道には服屋さんがずらっと並んでいます。1日で全部は回りきれなかったのですが、帰りに携帯の歩数計をみたら「3キロ」と出ていました……通りで疲れる訳だ……。

f:id:hyun_nako:20190312234346j:plain

服のお店

高速ターミナルの服屋さんは、基本的に1つ1万ウォン(約1000円)という破格の値段設定です。明洞(ソウルの有名な観光地)の洋服屋を「安い」と思っている人たちは度肝を抜かれます(かつての私がそうでした)。ちなみに「明洞で売っているものと高速ターミナルで売っているものは同じものが多い」というショックな情報も追記しておきます。

最近は高速ターミナルの安さに慣れてきて、先日久しぶりに明洞に行って2500円のシャツを「高い」と思ってしまいました。高速ターミナルは人を変える力をもっているようです。

f:id:hyun_nako:20190312234643j:plain

靴屋さんもたくさんあります

若い女性向けのお店だけでなく、婦人服、男性服専門、靴屋、カバン屋、下着屋などいろいろなお店があります。一度家族で来たこともあるのですが、父はバックを漁っていて楽しそうでした。

 

高速ターミナルの服屋さんは「高いな〜」と言うとマケてくれることもあります。今回、靴屋で4000Wほどマケてもらいました。ちなみに、高速ターミナルでは支払いが現金のみというお店が多いです。普段カード生活をしている私も高速ターミナルに行くときは必ずATMに寄って行きます。

 

 

f:id:hyun_nako:20190313000806j:plain

ちょっと休憩

ファッション通りの両端には、軽食屋やコーヒーが飲めるカフェなどがあります。座れるベンチなどもたくさんあって、戦うファッション戦士たちの休息所となっています。私も後半戦のために激安チェーン店のチョコラテでエナジーチャージ。(ほぼ氷だった)

 

戦利品紹介

4時間の戦いを経て、私がゲットした戦利品をご紹介しましょう。ウォンの0を1つ隠すとだいたいの円の値段になります。

f:id:hyun_nako:20190313002322j:plain

普段着

<普段着編>

1. 春秋用ロングコート(黒)     29000W

2.トレーナー(ベージュ)      5000W

3.夏用襟付きワンピース(黒) 19000W

4.セーター(オレンジ)         5000W

5.長袖Tシャツ(白)      5000W

6.フレアズボン(黒)       10000W

 

2と4は5000Wという価格のため縮まないか心配していました。今まで3回ぐらい洗たのですが、未だに大きさはそのままなのでかなり優秀です。ロングコートはデザインが気に入って買いましたが、服同士が擦れて静電気が発生しやすいのが難点です。服を買う時に”静電気”を考える必要があることを今回学びました。

f:id:hyun_nako:20190313003610j:plain

勝負服

<勝負服編>

7.ロングワンピース(水色)10000W

8.ヒール                                 35000W

 

春用なのでまだ着てません。ただ10000Wの”かわいい”のクオリティをお届けしたくて写真を貼りました。靴はもともと39000Wだったのを35000Wにマケてもらいました。多分もうひと押ししたら30000Wにできたと思うので、次は頑張ります。

 

 

まとめ

とにかく本当に安いです。安いので、爆買いができ、自分がお金持ちになったような気分が味わえます。ついつい予定より多く買ってしまって気づいたら諭吉が1人いなくなっていたというのは毎回のことですが、手元に残る服たちを見ると得した気分しかありません。大学からも遠くないですし、ソウル大学留学生は押さえておきたいスポットです。